ブログ移転のお知らせ

当事務所のブログは移転いたしました。


新大阪、西中島の司法書士ブログ






facebookページはコチラ↓

ちょっと役立つ法務の話 by 司法書士


今後ともよろしくお願いいたします。

続きを読む

スポンサーサイト

不動産担保切替及び貸付停止措置に関する判決

こんにちは、司法書士の今吉です。

以前から、ブログにも書かせていただいていましたが、
無担保ローンから不動産担保ローンへの切替事案、および貸付停止措置をとったとして消滅時効を主張されていた過払い訴訟控訴審の判決が出ました。

結果は、

控訴棄却。

こちらの全面的な勝訴です。
1審、2審とも、当方の主張が認められました。


無担保から不動産担保への一本化に至る経緯を細かく事実認定し、不動産担保にかかる新たな貸付によって、無担保ローンについての準消費貸借の成立を認めました。

旧債務の清算を目的とした準消費貸借によって無担保ローンで発生した過払い金を清算する趣旨で、不動産担保ローンにおける貸付金を交付したものと解し、つまり過払い金に対する返還として貸付金を交付したものであるから、全体として一連計算できると。

担保の有無の違い、極度額、利率など社会的事実として異種であっても判断が左右されるものではないと。


貸付停止措置については、

平成21年最高裁のいう特段の事情は、
基本契約が存続しているにもかかわらず、もはや貸主から新たな借入を行うことはできないと、客観的に認識できたと認められるなど、もはや基本契約の存在が借り主の過払い金返還請求権行使の妨げとならないと認めるに足りる客観的事情であることを要するとして、

本件では、

顧客に貸付停止措置をとったことの書面通知もなく、ATMの明細書で利用可能額の記載がなくなったり、操作画面で「ご融資」の操作ボタンが表示されなくなる程度では、顧客が今後一切新たな借入ができなくなったとまで客観的に認識できたとはいえない。
また、貸付停止措置後も、継続的に顧客の信用情報をチェックしていることからすれば、貸金業者としても一時的な貸付停止にすぎず、顧客の信用状態が回復すれば新たな貸付を予定していたとみることができる、として、

貸付停止措置自体、今後新たな借入の発生が見込まれない状態を作出するものとはいえない、と判断していただきました。


長い長い戦いでしたが、とりあえずほっとしました。

判決文は、ご本人の了解を得た後でアップしたいと思います。


でも、相手方は上告するとか言ってきてますけど・・・。


まだまだ続きそうです。

 

判決言い渡し期日の変更

こんばんは、司法書士の今吉です。


急に暑くなって、体調管理が難しい今日この頃です。

さて、判決まちの過払い案件があります。
すでに、口頭弁論は終結、判決期日も決まっておりました。


この案件、無担保ローンから不動産担保ローンへの切替事案で、高等裁判所判決も結論が分かれている事案。
さらに、貸付停止措置をとったとして、過払い金の消滅時効を主張されています。


口頭弁論終結後、相手方から参考資料として準備書面が送られてきました。
いずれも、無担保から不動産担保への切り替えについての充当は認められないとする高裁判決が多数添付されていました。

判決の基礎にはならないわけですが、裁判所に確認したところ、「判決の資料にならないけど、内容は読みますよ」との回答。
「読むんかいっ!」と思いながら、判決への影響も考慮し、こちらも負けじと準備書面を送りました。
こちらも、無担保から不動産担保切り替えの充当を認めた高裁判決を多数添付して。


すると、裁判所から「双方から多数の書面が提出され、検討を要するため判決期日を職権で変更します。」との連絡がありました。

そんなこともあるんや。てことは、口頭弁論終結後に出された準備書面も判決に影響するってことか・・・。


貸付停止措置と消滅時効に関する新しい判例がでたようです

こんにちは、司法書士の今吉です。


過払い訴訟で、最近よく主張される、貸付停止措置と消滅時効に関する新しい判決が出たようです。


平成24年3月14日仙台高等裁判所判決

要旨
貸金債権について貸倒損失処理を行い、貸付停止措置を取った以降は、追加借入できないので新たな借入金債務の発生が見込まれず、その後の過払金は発生と同時に消滅時効が進行を始めるというアコムの主張に対して、いづれもアコム内部の手続にとどまり、借主において新たな借入れをすることができないことを客観的に認識できたと認めるに足りる事情もなく、借主がこれを認識しうるに足るような措置をしたこともないので、特段の事情はなく、過払金の消滅時効は取引の終了時から進行するとした判決。


無担保ローンと不動産担保ローンの借換事案判決へ

こんばんは、司法書士の今吉です。



今、かれこれ提訴してから1年経過している案件があります。

アコムとの過払い訴訟で、争点は、



無担保ローンから不動産担保ローンに切り替えた事案。

一連計算が認められなければ、負債が大きく残ります。



一審地裁では、無担保ローン契約時に不動産担保ローンの審査が行われたことや、同日切り替えであったこと、従前の残高が不動産担保ローンの契約内容に引き継がれていたことなどから、すべて一連で計算すべきであるとして、全面的に勝訴しました。





すぐさま、控訴され、高等裁判所で控訴審。

さらに、新しい争点として、10年以上前に貸付停止措置をとったとして、その後返済のみが行われているのですが、平成21年最高裁判決の論点を引用し、



貸付停止措置後は、新たな借入債務が発生する見込みがなくなったとして、10年前以前に発生していた過払い金は消滅時効にかかると主張してきました。





この論点、あまり判決が見当たらず、相手側が提出してくる判決には、高等裁判所で認められているものもあり、判断は分かれているようです。



裁判官から和解の勧告があったものの、アコム側としては一切和解することはできないとのことで、判決予定。



ただし、どのみち上告するのだと・・。





本人訴訟で、二人三脚で頑張ってきました。

長くかかっているので、本人としても和解に応じるつもりであったのですが、仕方がないです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。