明石のタコ

明石のタコ釣りに連れて行ってもらいました。

はじめての船釣りです。

朝早く、淡路島の室津から出船。

DSC_0630.jpg

釣る場所はちょうど明石海峡の真ん中あたりでしょうか。
仕掛けを落として、底を探るような感じで待っていると、雑巾でも引っかかったように重くなります。
リールを巻き上げると立派なタコがくっついてきました。

たのしい~!

ビギナーズラックで結構つれました。大きいのもありました。

DSC_0636.jpg

タコの締め方を教わり、クーラーへ。これは晩ごはんが楽しみ。

午前中で終了し、家に帰って早速調理。

DSC_0651.jpg

まずは、活タコの刺身。さすが、明石のタコ。身は甘くて、歯ごたえ、弾力ともに最高。

DSC_0392.jpg

湯通しした刺身も、もちろんうまい。

DSC_0649.jpg

DSC_0650.jpg

そして、てんぷらにタコ飯。

大満足でした。
スポンサーサイト

しし肉のスパイスカレー

事務所のブログは引っ越した、と書いてあるのですが、閉鎖するわけでもなく、なんとなく再開してみました。

立派ないのししの肉をもらいました。
猟師さんがとってきたやつです。

暑気払いということでカレーにしました。

かたいかと思いきや、しっかり煮込んでとろとろになりました。


DSC_0625.jpg

レシピはタモリさんのカレーをアレンジしたもの。

1.しし肉500gにS&Bカレー粉大匙2、クミンホール大匙0.5、ターメリック小さじ1、塩コショウ少々を揉みこみ、しばらく放置

2.玉ねぎ2個みじん切りをしんなりするまでフライパンで炒める

3.鍋に1リットルのおゆを沸かし、炒めた玉ねぎみじん切りを投入、トマトジュース75ml、赤ワイン75mlも投入、コンソメ投入、煮込む

4.1のカレー粉まみれのしし肉をフライパンで炒める。表面がカリカリになったら3のなべに投入し、煮込む

5.フライパンに、S&Bカレー粉大匙2、クミンホール大匙0.5、コリアンダー大匙0.5、ターメリック0.5、カルダモン少々、クローブ少々を投入し空炒りする。こげないように。

6.飴いろ玉ねぎ(市販のものか、事前に作っておく。うちは大量に作って冷凍庫に保存してます)を適量5に投入、ヨーグルト大匙1も投入、にんにくチューブ、しょうがチューブ少々投入し、弱火でペーストにする

7.6のペーストを4の鍋に投入し煮込む

8.ウスターソース、しょうゆ、スライスチーズ、砂糖を適量を投入し、ひたすら煮込む

9.最後に塩で味を調える


小麦粉を使わないので、胃にもたれません。もりもり食べれます。夏の焼き野菜をトッピングしてもいいです。

何日か冷蔵庫で寝かすと、カレーソースもトロッとして非常にうまくなります。

福神づけももちろん手作りで。

DSC_0627.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。