4月1日から大阪法務局管内の新築建物課税標準価格基準が変わります

こんにちは、司法書士の今吉です。


大阪法務局管内の新築建物の課税標準価格基準がでました。
4月1日から変更です。


少し、高くなっていますね。

例えば、新築木造居宅は1㎡あたり85,000です。
今までは、67,000でした。

新築木造居宅の床面積が100㎡で、軽減措置がある場合なら、所有権保存登記の登録免許税は、
3月31日までは、10,000円ですが、
4月1日以降は12,700円、

2,700円も高い・・・。

大阪法務局管内新築建物課税標準価格認定基準表


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。